• 2019.02.08 Friday 14:36
  • ○ルカリ始めて思うこと
  • by TSUGUMI

  • ご訪問ありがとうございます。
    人気ブログランキングに参加しています。一日一回応援クリックして頂けたらとっても嬉しいです。

    クリックはこちら→つぐみを応援♪

    ↓もしくはこちら↓
た、た、楽しい!

のひと言に尽きます。おそらく、今のところトラブルがないからだと思います。多分、そのうち、トラブルにならないよう細心の注意を払うことに疲れ果てそうですけれど。なにせ、大元のルールの上に個々の独自ルールみたいなものが多くて、それを理解し、間違わないように…と熟読するのに疲れます。でも、気持ちよく取引するには欠かせないことです。

現在のわたしはもっぱら「購入者」の立場で、生徒さんと「そのスカートかわいー」「○ルカリ、○ルカリ〜」なんて会話も楽しんでいます。

まぁ、少し出品もしていますが、激安じゃないからか?あんまり売れません(笑)1週間ごとに100円ずつ下げていこうかしら。
それでも、大切に使っていたお皿が売れたりすると、きゃっ!とほんとに声をあげています。

ここで面白いのは、これまでに売れたものは、出品して10秒以内に売れています。10秒以内ですよ、10秒!!よほどお値打ちに思ってくださったのか、よほど欲しかったものなのか、よく分かりませんけど、何にしても、とっても楽しい驚きで、楽しませてもらっています。
※その後、数日後にでも売れる経験も重ねています

あと、出品してみて思うことは、私が意外にも、この程度のマーケットにおいては、アンティーク、ヴィンテージと言われているものを持っている!ということ。20代で購入しているものがほとんどで、ただ単に古いだけとも言えますが、ははは。
時間が経っているため知らぬ間に廃盤になっててコレクターが欲しがっているモデルであったり、購入時期が古すぎて復刻前のモデルを持っていたりするようなのです!高値で出してるので売れはしませんが(売れよ!とか言わないでね)。でも、商品説明するのに嘘にならないよう色々調べているうちに新しく知ることが沢山あってそれも楽しんでいます。 廃盤になっていると知ったのもわざわざ調べてるからだし、ついでにメーカーの歴史とかも知れて楽しいです。

一番、ほーほー!とうなづきながら理解したのは、残念ながら?大切なマイカップなので出品していませんけど、ロイヤルコペンハーゲンのトランクェーバー。「アルミニア」「ファイアンス」というワードと共に新しく知ることが多かったです。
実はこのシリーズは日本にはあまり出回っていないと思いますけれど、うちにはあります!自慢気にもなります笑
ついでに、実家にもたくさんあります!何故ならわたしが数少ないヨーロッパ行き来の度にお土産に買ってきてたから〜。しかも母親は飾るばかりでほとんど使っていない!よし今度こっそり持ち帰ろうか…と悪魔が囁きます。持ち帰った場合はそれは○ルカリに出すんだと思います、ひどい娘です。

で、うちにあるトランクェーバーは、アルミニアの刻印なのか、ファイアンスが買収した後のロイヤルコペンハーゲン刻印なのか。

じゃーん。

買収された後のコペンハーゲンでした〜

このロイヤルコペンハーゲンの歴史についてとてもうまく説明してくださってるブログを読みました。もちろん知らない方ですが…ご参考までにリンクを貼らせていただきます。
アルミニアの面影


いつもありがとうございます。
↓人気ブログランキング参加中です↓

↑の画像をぽちっとクリックよろしくお願いいたします♪

Comment:
2019/02/13 1:24 PM, 桜次郎 wrote:
ご参考にしてくださり、ありがとうございます。
大切な器ということで、ぜひこれからも大切になさってくださればと勝手ながら思っております。

さて、全く余談ではありますが(しかもご存知であれば申し訳ないのですが)、コペンハーゲンの押印がなされた器は、バックスタンプに則り製造年がわかったりします。

ロイヤルコペンハーゲンの公式ページ内、以下リンクにて確認できますが、どうやら江口様が所持なさっている器のソーサーは1992-1999年製造のもののようです。
https://www.royalcopenhagen.jp/cms/preview.php?pre_no=409

造られた時代に想いを馳せれば、器により一層の愛情と親近感が湧いてくるのは、もしかすると少数派かもしれませんが、もしよければそんな楽しみ方もしてみてくだされば僥倖です。
2019/02/13 3:30 PM, tsugumi wrote:
桜次郎さま

直々のコメント、驚きながら、そしてとても嬉しく読ませていただきました。ありがとうございます。

お恥ずかしながら、若い頃にデザインが気に入って購入しただけでしたので、これまでバックスタンプに興味を持っていませんでした…
教えていただいたリンクも興味深く読みました。また「ほー、ほー」と言いながら、うちにある他のデザインのカップを出してきて裏を眺めています。

造られた時代に想いを馳せる…コーヒータイムが、さらに質高く贅沢な時間になります(^^)とても幸せです。
大切に使って、楽しんでいきたいと思います。
本当にありがとうございました。
桜次郎さまも、これからも素敵なコーヒータイムをお過ごし下さい(^^)
Add a comment:









 
CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
COMMENT
フェイスブック
江口二美にメールする
  こちらからどうぞ
人気ブログランキング
オフィシャルサイトはこちら
PROFILE
Img0206.jpg
                   
RECOMMEND
↓アマゾンにつながり購入できます↓
ブルーアイランド氏の 青い鳥はどこにいる!?(OZD1058) [DVD]
ブルーアイランド氏の 青い鳥はどこにいる!?(OZD1058) [DVD] (JUGEMレビュー »)

江口二美のチルチル少年をどうぞ。
またDVD全体の進行役もお手伝い中。
RECOMMEND
↓アマゾンにつながり購入できます↓
ブルーアイランド氏の 蝶々さん海をわたる (OZD1055) [DVD]
ブルーアイランド氏の 蝶々さん海をわたる (OZD1055) [DVD] (JUGEMレビュー »)

江口二美は蝶々さんとして登場します。
ピンカートンを追いかけて旅をしますよ。
RECOMMEND
↓アマゾンにつながり購入できます↓
ブルー・アイランド氏の丸わかりモーツァルト[DVD]
ブルー・アイランド氏の丸わかりモーツァルト[DVD] (JUGEMレビュー »)

天才モーツァルトの人となりを、分りやすく面白く、青島広志氏のお話と解説、舞台での演奏を交えてお楽しみいただけます。
「江口二美」も出演しています。
全国にて発売中!
RECOMMEND
↓アマゾンにつながり購入できます↓
ブルー・アイランド氏の名曲世界旅行 ペール・ギュントの大冒険
ブルー・アイランド氏の名曲世界旅行 ペール・ギュントの大冒険 (JUGEMレビュー »)

ペール・ギュントのお話しをもとに、楽しい大冒険物語ができました。

「江口二美」はペールの旅する各地で悪女で登場いたします。
ARCHIVES
         
MOBILE
qrcode
SEARCH
SPONSORED LINKS
みんなのブログポータル JUGEM

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.