• 2018.09.01 Saturday 17:36
  • 大荒れの北近畿へ
  • by TSUGUMI

  • ご訪問ありがとうございます。
    人気ブログランキングに参加しています。一日一回応援クリックして頂けたらとっても嬉しいです。

    クリックはこちら→つぐみを応援♪

    ↓もしくはこちら↓
豊岡市日高町で本番でした!駅だと江原、数年前にお隣の八鹿(ようか)に来ています。

町の重要なコミュニティホールなので、体育館ではありますが、様々な事を網羅できるような場所でした。

なにせ、ピアノはベーゼンドルファーです。それが、楽器庫がなく、学校体育館となんら変わらない保管状況なのにかなりの質を保っている!びっくり!!調律師さんとも驚いて話しました。
裏に控え室が二つあり、そこには鏡前もある、エアコンもついてる、広い、水場もある、お手洗いまであるんです。

お客様もとってもノリがよかった!皆さまありがとうございました。

北近畿って山間なので、交通機関にいつも天候の不安を抱えていて(竹田城だっていつでも登れないわけですから)、簡単に行けるようで行けない場所だと思うんです。
以前、養父市八鹿に行った時も、羽田ー伊丹ー但馬と飛行機が霧の発生で危うく、その後迎えに来て下さった車で山間を延々と…でした。
今朝着いたブルーアイランド氏も、伊丹に引き返す場合もあるという書類に承諾のサインをしてから乗ったとか。

で、前日入りした我々数名はというと…
電車を選んでいて、東京ー京都の後、「はしだて」で福知山へ、「こうのとり」で江原というと六時間ほどの行程予定でした。
しかし、京都から間もなくして大雨や雷で、徐行運転や、落雷による電線確認で停止を繰り返しました。その間、福知山の先は運転を取りやめているとかアナウンスが入り…ドキドキしつつ


急病人が出て救急車を待って一時間停止も加わって福知山にどうにか着いた時は…

運転見合わせ。がーーーーん。

主催者からの指示を仰ぎ、その先の特急券を払い戻してタクシー!特急二時間の場所をタクシーで行くって…確認すると二時間弱二万円くらいかな、とのことでした。
幸い、駅にたむろしてる皆さんは家族のお迎え待ちで、タクシーにはすぐに乗る事が出来ました。山間をひたすら走っていただいて、なんとスイスイ一時間で到着!!すごい!!タクシー代は17000円くらいだったので、お得感すらありました!

結局9時間かけてどうにか着いて、冷めてもいいから置いておいてとホテルに懇願した食事も食べることができ(どこかから事前に申し出たメニューを、ホテルが出前でとって、それをホテルで食べるシステム。周りに飲食店は無し)、ゆっくり眠れ、本日しっかり歌えたのでした!
教訓、時間に余裕をもって前日入りは正しい。


いつもありがとうございます。
↓人気ブログランキング参加中です↓

↑の画像をぽちっとクリックよろしくお願いいたします♪

Comment:
Add a comment:









 
CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
COMMENT
フェイスブック
江口二美にメールする
  こちらからどうぞ
人気ブログランキング
オフィシャルサイトはこちら
PROFILE
Img0206.jpg
                   
RECOMMEND
↓アマゾンにつながり購入できます↓
ブルーアイランド氏の 青い鳥はどこにいる!?(OZD1058) [DVD]
ブルーアイランド氏の 青い鳥はどこにいる!?(OZD1058) [DVD] (JUGEMレビュー »)

江口二美のチルチル少年をどうぞ。
またDVD全体の進行役もお手伝い中。
RECOMMEND
↓アマゾンにつながり購入できます↓
ブルーアイランド氏の 蝶々さん海をわたる (OZD1055) [DVD]
ブルーアイランド氏の 蝶々さん海をわたる (OZD1055) [DVD] (JUGEMレビュー »)

江口二美は蝶々さんとして登場します。
ピンカートンを追いかけて旅をしますよ。
RECOMMEND
↓アマゾンにつながり購入できます↓
ブルー・アイランド氏の丸わかりモーツァルト[DVD]
ブルー・アイランド氏の丸わかりモーツァルト[DVD] (JUGEMレビュー »)

天才モーツァルトの人となりを、分りやすく面白く、青島広志氏のお話と解説、舞台での演奏を交えてお楽しみいただけます。
「江口二美」も出演しています。
全国にて発売中!
RECOMMEND
↓アマゾンにつながり購入できます↓
ブルー・アイランド氏の名曲世界旅行 ペール・ギュントの大冒険
ブルー・アイランド氏の名曲世界旅行 ペール・ギュントの大冒険 (JUGEMレビュー »)

ペール・ギュントのお話しをもとに、楽しい大冒険物語ができました。

「江口二美」はペールの旅する各地で悪女で登場いたします。
ARCHIVES
         
MOBILE
qrcode
SEARCH
SPONSORED LINKS
みんなのブログポータル JUGEM

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.