• 2020.03.09 Monday 10:20
  • 続・松田辰弘さんとの出会い
  • by TSUGUMI

  • ご訪問ありがとうございます。
    人気ブログランキングに参加しています。一日一回応援クリックして頂けたらとっても嬉しいです。

    クリックはこちら→つぐみを応援♪

    ↓もしくはこちら↓
元の依頼は「シスターへのインタビュー時の通訳」だった松田さんと校門で待ち合わせ。
古川さんは英語に堪能で、私は破れかぶれな英語です。日常会話にはそんなに困りませんし(相手の努力の上に成り立っているのだと思いますが…)、授業もこちらが一方的に言いたいことを言う分にはあまり困りませんが、少しでも内容が深くなるときちんと伝えたいきちんと知りたいので、古川さんには何度も助けてもらいました。

その彼女でもシスターへのインタビューで確実なデータとして回答を導き出そうとしたら通訳がいてくれた方がいいと判断していました。日本語脳から変換する時間を松田さんにお願いするだけでも、時間も体力的にも効率的だということでしょう。

私は先生と約束していた授業があったのでここには少しだけご一緒させていただき、記録係として写真も撮り(^^)興味津々の内容はのちに古川さんがまとめたものを見せてもらうつもりです。
私が授業を終えて戻ってもまだインタビューは続いていました。2時間半くらい?かかっていたようです。シスターの様子から朗らかに終わったようで、松田さんはダイニングに招かれランチをご一緒することに。

松田さんは日本人であってもプノンペン在住ですから、このデリケートな時期に安心して迎え入れてくださったようです。
また、ちょっとした会話から感じた私の感覚と想像ですが、シスター達もNGOをどれもこれも賛同しているわけではないのだろうと思うんです。かなり多くのNGOが来ていると思いますが、パフォーマンスやビジネスには敏感だと思うんです。そういう意味でも迎え入れてくださったように感じています。

その後、リコーダーと歌の指導を分かれて行う様子を松田さんはご覧になっていかれ、記録係もしてくださり(笑)。私たちとしても、リコーダーを届けた後に何をしているのかを見ていただけた事は、お互いの活動への理解に望ましい時間でした。
松田さん、ありがとうございました。

今後の活動においても、きっとこのご縁は繋がることと思っています。教員養成大学でどのような音楽の指導方が指導されているのかも新しい興味として増大しています。また、取り急ぎハード面を切望する小学校にもし自分が行ったら何が出来るのかも考えはじめました。
松田さんのご協力を経てできることもありそうで…引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

NGOチアフルスマイルのウェブサイトはこちらです。
https://cheerfulsmile.org/


いつもありがとうございます。
↓人気ブログランキング参加中です↓

↑の画像をぽちっとクリックよろしくお願いいたします♪

  • 2020.03.08 Sunday 09:23
  • 松田辰弘さんとの出会い
  • by TSUGUMI

  • ご訪問ありがとうございます。
    人気ブログランキングに参加しています。一日一回応援クリックして頂けたらとっても嬉しいです。

    クリックはこちら→つぐみを応援♪

    ↓もしくはこちら↓
カンボジアに発つ前、改めて理解しておかねばと、ネットをあさりまくっていました。通貨やタクシー事情、チップ、挨拶程度のクメール語などは、どの国に行く際にも頭に入れていくことですが、今回は遊びではないので、カンボジアの歴史は重要でした。古川さんが各所に発表しているこれまでの活動をまとめた多くの資料もくまなく読み、歴史背景と共に理解するようつとめました。その中で自分が歌関係の授業で先生や生徒に何が出来るのかを模索せねばならなかったのです。

その慌ただしい準備の中で、ネットの中で見つけた松田辰弘さんにコンタクトを取り何度もやり取りしました。お互いのスケジュールもあって結局依頼した事はシスターへのインタビュー時の通訳だったのですが、松田さんがカンボジアの教員養成大学で教育に携わっておられた事を知りました。数日後に迫るプノンペン生活では教員への指導が最優先だと認識していたので、何か運命めいたものを感じました。
NGOチアフルスマイルを立ち上げておられ、そのウェブサイト内容をくまなく読むと、支援の内容が、物(松田さんは図書や教材)を送るだけでなくその活用方の指導もされていると知り。後日の再訪も重要でした。定着の確認や再フォローは不可欠な事です。
NGOと聞くと無条件に眉唾物だと感じていた私の浅はかな思考は払拭されました。(松田さん、ごめんなさい)

古川さんの方向と似ていると感じたところで彼女に連絡。「教員養成」については日本でも彼女が元々真剣に取り組んでいる内容なので、その点にまず興味を持ちインタビューしたいとのことで、これについても依頼しお初にお目にかかることとなりました。

インタビューももちろんですが、松田さんもこちらの活動に興味津々で三時間を超えてあれやこれやお互いに話す事になりました。



通訳探しで8人くらいに連絡を取っていた中でレスポンスが早い点でまず信用でき、文面からもお人柄の良さを感じていたら、お話してみたらその活動と継続はただただ尊敬に値する物でした。

オペラ「わが町」は英断で公演実施ですので私はこれ以上スケジュールを伸ばして残る事は出来ませんでしたが、早速に次の動きを開始する2人。2人とも仕事が早い!


翌日は、本来の依頼であるインタビュー通訳でまたお会いしますが、その話はまた次に。偶然学校のほん近くにお住まいで、偶然古川さんと郷里が同じだったという…運命に導かれたといっても過言ではない(^^)

NGOチアフルスマイルのウェブサイトはこちらです。
https://cheerfulsmile.org/

松田さんに会って自分の考えが変わった事が一つあります。
私にできる事はソフト面の支援ですので、ソフトの充実を計らずにハード面のみ支援しているさまざまな団体に対して良い印象を持っていなかったのですが、とりあえずハード面を!という側面も無きにしも非ずと理解しました。


いつもありがとうございます。
↓人気ブログランキング参加中です↓

↑の画像をぽちっとクリックよろしくお願いいたします♪

  • 2020.03.07 Saturday 18:15
  • 生徒へ贈呈式
  • by TSUGUMI

  • ご訪問ありがとうございます。
    人気ブログランキングに参加しています。一日一回応援クリックして頂けたらとっても嬉しいです。

    クリックはこちら→つぐみを応援♪

    ↓もしくはこちら↓


ドンボスコスクールでの活動の話に戻ります。
今回2人で持っていったリコーダーで確実に3学年分でリコーダーの授業が出来ることになったそうです。本当にありがとうございました。
別団体からの支援も含めて数えてあとどれくらい必要かは近いうちに数字が出ると思います。とりあえず足りてない(授業に取り入れたいのにリコーダーがないからかなわない学年分)のは事実なのでまた集めます。


この度のリコーダーに関するお礼とご報告、今後のお願いも含め、動画を作ってみました。初の試みです。撮影した動画から音だけ抜き出して、お伝えしたい写真を並べて、文字を足しただけですが…ほんとはもっと凝った事をしたいところですが、ま、お許しください。
そして、それをここで見ていただくため初めてYouTubeに載せてみました。

リコーダーに関する活動についての動画はこちらから↓BGMは子供達の演奏です。どうぞご覧ください。
https://youtu.be/dXg3tW8BTIc

また後日、歌に関する指導シーンをまとめたいと思います。

いつもありがとうございます。
↓人気ブログランキング参加中です↓

↑の画像をぽちっとクリックよろしくお願いいたします♪

  • 2020.03.04 Wednesday 19:20
  • 帰国
  • by TSUGUMI

  • ご訪問ありがとうございます。
    人気ブログランキングに参加しています。一日一回応援クリックして頂けたらとっても嬉しいです。

    クリックはこちら→つぐみを応援♪

    ↓もしくはこちら↓

光栄にもシスター達にフライトの無事を祈っていただき、タクシーに乗るまでお見送りしていただき、帰国しました。
ファミリーだよ、また来て、って言ってもらえたので、必要とされたのだと認識出来て嬉しく、寂しいけどしばしのお別れ。
ある意味では毎日が試験のような感じなんですよ。「必要とするスキルがないならもうこなくていい」となるのは普通のことですものね。教育に役に立たないと判断したら無償で三食と滞在場所を用意するわけもないですから。

それを感じたのは二日目の夜に歌った時です。大盛り上がりに終わりましたが、ある意味で歌も対応能力もどの程度なのかも測られたに違いありません。翌日からあっちに教えて、こっちに教えて、と次々に予定外の指導が増えていったのでそう思います。もちろん純粋に楽しんでくださった一夜でもあるのですが、シビアな面は当然あると思うんです。
とにかく、23 時前のフライトだったので飛行機で一泊含め7泊8日のプノンペン滞在が終わりました。古川さんはまだ残っています。その後に予定されていたアジアツアーがなくなったので、彼女はまた別の都市へ行って新しい模索をするようです。本当にエネルギッシュ。

実働としては六日間。てんこ盛りに頑張った。やはりリコーダーを運んだ後が重責で。途中、自分の技量の乏しさせいで匙を投げそうになったのも嘘ではないです。頑張れたのは根気よく粘り強く教育と向きあい、強く強く音楽の素晴らしさを伝えたいと思っている古川さんの行動でした。

また書きます。

これからラジオです。

コマラジ、22時から生放送、お聞きくださいね。

ーーーーー最終日スケジュールメモ
中学の先生レッスン
小4授業
昼食
コーラス指導
小5授業
小学校先生レッスン
荷造り
古川さんと打ち合わせ
夕食
日本へ
ーーーーー

いつもありがとうございます。
↓人気ブログランキング参加中です↓

↑の画像をぽちっとクリックよろしくお願いいたします♪

  • 2020.03.03 Tuesday 06:10
  • ミニコンサート
  • by TSUGUMI

  • ご訪問ありがとうございます。
    人気ブログランキングに参加しています。一日一回応援クリックして頂けたらとっても嬉しいです。

    クリックはこちら→つぐみを応援♪

    ↓もしくはこちら↓
敷地内施設に寝泊まりしている生徒さん達、職業訓練生など100人くらいが、ここ数日前から世界のコロナウィルス終息のために祈りを捧げているのを聞いていました。わたしは無宗教ですが心震えるものがありました。

昨晩のお祈りの後、演奏を頼まれました。さまざまな年齢層が兄弟姉妹のように平穏な日々を過ごすための寄宿。彼らに聴いてもらうことは彼らのもつ背景から特別に意義がありました。食い入るように聞いてくれて拍手と共にアイドルになったかと錯覚してしまうほどの歓声をあげてくれました。
質疑応答タイムでは次から次へと湧き出るようで、手がバンバン上がり終わりがなく、そんなに興味を持ってくれたんだと嬉しくてたまりませんでした。

印象的だった質問は「これまでにさまざまな困難があったに違いないが、やめようと思ったタイミングはあるのか?」です。いいとこ突いてくるなと。
いま思うとどの質問にももっと気の利いた返事をすればよかったと悔やまれますが、ま、いまさら…ですね。。。

最後にみんなで歌を返してくれました。これが直に心に届く凄いエネルギーを持っていて、泣かないではいられない、一生忘れない歌声でした。

今日は最後の1日、スケジュールがつめつめですが、フライトは夜遅いのでギリギリまで働きます。

ちなみに、何度も演奏していますが、ピアニストがいない中何を歌っているかというと、アカペラで「アメイジンググレイス」「さくらさくら」「荒城の月」「アベマリア 」、古川さんとコラボできたのは「さくらさくら」、フルートのために書かれた「わたしのお父さん(ジャンニスキッキより)」アレンジ曲があり、彼女が持参したピアノ伴奏CDで。

ーーーーー五日目スケジュールメモ
シスターへのインタビュー(一部同行)
小5授業デモンストレーション
昼食
コーラス指導
中1授業
小6授業サポート
休憩
古川さんと打ち合わせ
夕食
シスターと打ち合わせ
寄宿生達への演奏&質問タイム
資料作成
ーーーーー

いつもありがとうございます。
↓人気ブログランキング参加中です↓

↑の画像をぽちっとクリックよろしくお願いいたします♪

  • 2020.03.02 Monday 05:35
  • トゥールスレン博物館
  • by TSUGUMI

  • ご訪問ありがとうございます。
    人気ブログランキングに参加しています。一日一回応援クリックして頂けたらとっても嬉しいです。

    クリックはこちら→つぐみを応援♪

    ↓もしくはこちら↓
プノンペンに住む歌手仲間「エトワールで共演した岩崎愛さん)と再会するためランチに出かける時間をもらっていて、その後は予定が詰まっていたため、朝から出かけることにしました。絶対に行こうと思っていたトゥールスレン博物館へ。


8時にはタクシーに来てもらい、8:40頃からゆっくり2時間ほどかけて、もちろんイヤホンガイドをつけながら見ました。最後のふた部屋は展示物を見ながらガイドを聞くのはとても辛く、展示物を見た後に外に出て座って聞きました。

いまカンボジアの子供達1000人近くと毎日同じ敷地に滞在し(幼稚園から職業訓練生まで)、すれ違い、挨拶し合い、教え、接している身としては生々し過ぎて重すぎました。
いま接している寄宿生が18歳としたら2000年を過ぎて産まれているわけで、その親が何歳で彼らを産みその親は何歳かと想像していくと、彼女らの祖父母年代や先祖の年齢が近すぎる感覚になります。
帰って寄宿生の数人から今日はどこに出かけたか聞かれて博物館に行ったことを伝えると、どう感じたのか?と質問されました。これこそ間違った表現になってはいけないと思い多くは答えられませんでした。そして勇気を持って彼女たちにも行ったことがあるのか質問してみたんです。博物館には数回行っていて、キリングフィールドには行けていないとのこと。悲しすぎて見にいく事が出来ないのだと答えました。
博物館に行ってずっしり重いものを感じていたところに、彼女たちの返答はダメ押しのような重みとなりました。

やることが詰まり過ぎていて、というか、折角だからドンボスコスクールで出来ることを何でもしようと思っているので、シスター達からも是非観てきてほしいとと言われているキリングフィールドは、またいつの日かの行程にとっておくことにしました。

2012年に上訴審が行われている…ほんとについこの間だ…


ーーーーー四日目スケジュールメモ
トゥールスレン博物館
プノンペン在住の歌手仲間と再会
教員養成大学で教鞭をとっておられた日本人にアポイントを取っていたので意見交換
夕食
シスター達への歓迎の演奏
寄宿生のリコーダーレッスン(同行)
ーーーーー

いつもありがとうございます。
↓人気ブログランキング参加中です↓

↑の画像をぽちっとクリックよろしくお願いいたします♪

  • 2020.03.01 Sunday 10:54
  • 配車アプリ
  • by TSUGUMI

  • ご訪問ありがとうございます。
    人気ブログランキングに参加しています。一日一回応援クリックして頂けたらとっても嬉しいです。

    クリックはこちら→つぐみを応援♪

    ↓もしくはこちら↓
日本でもタクシー配車アプリをとっても便利に使っていますが、こちらでも。カンボジアに時々歌いにきている歌手から、カンボジアではGrabというアプリが便利ときいていて準備万端でした。
トゥクトゥクでもタクシーでも選べるようになっていて、近ければトゥクトゥク(排気ガスと暑さに耐えられる距離なら)、遠ければタクシーにしています。

そして、今日は一人乗りデビュー!
(いつもは古川はるなさんと二人で移動していたので)

タクシーでトゥールスレン博物館へ。そして、そこからまた呼んで今度はトゥクトゥクで、カンボジア在住メゾソプラノ歌手と待ち合わせているレストランへ。早くついたのでぶらっとして綺麗なカフェでこれを書いています。


オープンなので横から走ってきたバイクで鞄を引ったくられる人もいるらしく、しっかり前に抱えて。

路上や観光施設などの前で「乗らない?」とか言われて乗るのはお値段的にも怖いところがあるし、いろんな意味でアプリに登録している運転手さんが安心です。アプリなどを使いこなせない運転手さんたちには厳しい状況なんだと思いますが…

リエルでもドルでも、混ぜこぜで払ってもよくて、かなり適当な計算で渡しています。多いと返してくる方もいるし、少なめに渡してもOKだし、お金にすっごく遠慮がちで、意外でした。

こちらは先日夜に乗ったトゥクトゥク、これがトゥクトゥク初体験でした。

今日は午後にお仕事一つあるので、ランチしてまたタクシー呼んで学校に帰ります。

ーーーーー三日目スケジュールメモ
小学校先生レッスン
昼食
シスターとミーティング
外出(イオンモールへ)
ミサ曲本番チームレッスン
夕食
リコーダー仕分け
古川さんとミーティング
ーーーーー

いつもありがとうございます。
↓人気ブログランキング参加中です↓

↑の画像をぽちっとクリックよろしくお願いいたします♪

  • 2020.02.29 Saturday 18:00
  • 次に重要な任務
  • by TSUGUMI

  • ご訪問ありがとうございます。
    人気ブログランキングに参加しています。一日一回応援クリックして頂けたらとっても嬉しいです。

    クリックはこちら→つぐみを応援♪

    ↓もしくはこちら↓
何泊目かわからなくなるほど目まぐるしいスケジュールで暮らしています。

今回、歌の人がくるということで、先生への歌のレッスンを希望されていました。小学校の音楽の先生に「歌い方と歌の教え方」をレッスンしています。これが、リコーダーをお渡しすることの次に重要な任務なのだなと思います。特に、どうしたら二声で歌えるのか(ゆくゆくは四声まで)をかなり欲しています。状況と環境からなかなか困難なのですが、必死に立ち向かってくるのでどうにかせねばなりません。
古川さんと目標を共有しながら、小学校の音楽の先生とは個人レッスンと彼女の授業を私が担当してデモンストレーションするという形で進めています。





ポケトークでクメール語を出しながら…汗

さて。昼食後は一人で街に出てみようかな。

ーーーーー二日目スケジュールメモ
朝食
シスターと中学校の先生と打ち合わせ
三年生の授業デモンストレーション(私)
古川さんとミーティング 昼食
クリスマスイベント演奏チーム指導
中学三年生授業デモンストレーション(2人で)
休憩
小学校先生レッスン
古川さんがインタビューしたい方にアポイントをとるために外出するのに同行
外のレストランでご飯

渋滞で門限に少し遅れて帰宅
ーーーーー

いつもありがとうございます。
↓人気ブログランキング参加中です↓

↑の画像をぽちっとクリックよろしくお願いいたします♪

  • 2020.02.28 Friday 05:50
  • 最重要任務完了
  • by TSUGUMI

  • ご訪問ありがとうございます。
    人気ブログランキングに参加しています。一日一回応援クリックして頂けたらとっても嬉しいです。

    クリックはこちら→つぐみを応援♪

    ↓もしくはこちら↓

皆様からの善意しかない私へのリコーダーの寄付、きちんと贈呈いたしました。

サレジアン教会カンボジア・ミャンマー管区の運営する教育施設のDON BOSCO TEUK THLA 。プノンペン空港からほど近いところ、広い敷地内には日本でいうところの幼稚園から、高校まであり、シスター、先生、寄宿生、ボランティアの先生達が寝泊まりもしています。
公立ではなく、様々な理由からドロップアウトした子供達が通っています。小学生は一クラス45人で2クラス、外で全校生徒の朝の朝礼の様子を部屋から見ましたがすごい人数でした!
ある意味ではシェルター的な役割もあり、また教育の質を求めて授業を組んでいるので、言い方がそぐわない気もしますが、人気の学校のようです。
「心の静けさを育みたい」という方針からリコーダーを選ばれ、それからこの活動を古川はるなさんが続けていますので、まずは待ってらしたシスターに贈呈です。
こんなに喜んでくださって、皆様のご好意にただただ感謝です。

私としても、最重要事項は果たせたのかな、と。
ついでに歌ってよ〜とのことで、拍手大喝采で聴いていただきました。

さて。私が協力する理由になったのは、あげるだけでなく古川はるなさんがそこでリコーダーを教えていたから、だと思います。子供だけでなく先生にも、はポイント。そしてそれを運営側が望んでいたことも大きい。
事前に話を何度も聞いて大まかに感じ取ったいくつかのことは、たかが24時間でずいぶんとはっきりとした理解に達しました。

そして今回「歌のことも何かできないか」とお話があって、リコーダーを運ぶだけでなく「何か」することになっているので、短い滞在期間ですが何かお役に立てるよう微力ながら頑張っています。




ーーーーー 本日のスケジュール(自分メモ)
朝食
小学校音楽授業見学
小学校音楽の先生へヒアリング
音楽の先生達へヒアリング
シスターとミーティング 滞在しているお部屋の引越し
昼食
古川さんとミーティング
シスターとミーティング
中高音楽の先生と楽器庫の楽器保管状況を確認
休憩
小学校音楽の先生への歌のレッスン(歌い方、教え方)
古川さんと明日のためのミーティング
夕食兼シスターとミーティング
リコーダー贈呈
歌のプレゼント

学校紹介動画はこちらです


いつもありがとうございます。
↓人気ブログランキング参加中です↓

↑の画像をぽちっとクリックよろしくお願いいたします♪

  • 2020.02.27 Thursday 09:30
  • 到着
  • by TSUGUMI

  • ご訪問ありがとうございます。
    人気ブログランキングに参加しています。一日一回応援クリックして頂けたらとっても嬉しいです。

    クリックはこちら→つぐみを応援♪

    ↓もしくはこちら↓
予定より40分も早く着き(そんなことあるんだ!)、混雑もなく入国審査を通りました。
無事に荷物も受け取りました。まずはリコーダーがなくならずに一安心。


ホーチミン経由で到着する古川はるさんとは空港待ち合わせ。荷物を取って扉をでたらもうオープンエア! もわっと暑いです。34度で高い湿気。あっという間にクセ毛が乱れまくりました。
出て左側によく知った飲食店チェーンが並んでいて、セガフレードをチョイス。手荷物預かりがないのでスーツケースを持っていられる範囲、ですね。
南国風セガフレード。

生パインジュース、これからのほぼ禁酒生活に備えて生ビール。もちろん「アンコール」で。そして初めてのリエルがお釣りでやってきました。



携帯やポータブルWi-Fiの設定なんかをしてあっという間に待ち合わせ時間。シスターと先生のお迎えがあって学校へ。

シスター達にあたたかいお迎えをしていただきました。 小さな打ち合わせが何回かありましたが、断食の日のシスター達とご挨拶して、軽く食べて21時には建物は静まりかえり…
われらも早々眠りました。


朝は6時置きで、8時に朝食を。
規則正しく始まっております。
まず、たかが一泊ですが、シスター達との暮らしは、これはまさに未知の体験で、オペラ「カルメル会の修道女の対話」で演技として行い、調べて理解していた暮らしを、実体験しているようです。(もちろん、細かい宗教的違いがあることは理解して書いています)教会の施設の中で暮らすなんてなかなかできない。
そのうちまとめてリポートしますね。

いつもありがとうございます。
↓人気ブログランキング参加中です↓

↑の画像をぽちっとクリックよろしくお願いいたします♪

<<new | 1 / 2pages | old>>
 
CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
COMMENT
フェイスブック
江口二美にメールする
  こちらからどうぞ
人気ブログランキング
オフィシャルサイトはこちら
PROFILE
Img0206.jpg
                   
RECOMMEND
↓アマゾンにつながり購入できます↓
ブルーアイランド氏の 青い鳥はどこにいる!?(OZD1058) [DVD]
ブルーアイランド氏の 青い鳥はどこにいる!?(OZD1058) [DVD] (JUGEMレビュー »)

江口二美のチルチル少年をどうぞ。
またDVD全体の進行役もお手伝い中。
RECOMMEND
↓アマゾンにつながり購入できます↓
ブルーアイランド氏の 蝶々さん海をわたる (OZD1055) [DVD]
ブルーアイランド氏の 蝶々さん海をわたる (OZD1055) [DVD] (JUGEMレビュー »)

江口二美は蝶々さんとして登場します。
ピンカートンを追いかけて旅をしますよ。
RECOMMEND
↓アマゾンにつながり購入できます↓
ブルー・アイランド氏の丸わかりモーツァルト[DVD]
ブルー・アイランド氏の丸わかりモーツァルト[DVD] (JUGEMレビュー »)

天才モーツァルトの人となりを、分りやすく面白く、青島広志氏のお話と解説、舞台での演奏を交えてお楽しみいただけます。
「江口二美」も出演しています。
全国にて発売中!
RECOMMEND
↓アマゾンにつながり購入できます↓
ブルー・アイランド氏の名曲世界旅行 ペール・ギュントの大冒険
ブルー・アイランド氏の名曲世界旅行 ペール・ギュントの大冒険 (JUGEMレビュー »)

ペール・ギュントのお話しをもとに、楽しい大冒険物語ができました。

「江口二美」はペールの旅する各地で悪女で登場いたします。
ARCHIVES
         
MOBILE
qrcode
SEARCH
SPONSORED LINKS
みんなのブログポータル JUGEM

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.