• 2017.06.25 Sunday 13:13
  • 西之島噴火を見る
  • by TSUGUMI

  • ご訪問ありがとうございます。
    人気ブログランキングに参加しています。一日一回応援クリックして頂けたらとっても嬉しいです。

    クリックはこちら→つぐみを応援♪

    ↓もしくはこちら↓
船旅は時間の余裕が素敵なところ。船以外の路線や、たとえば小笠原なら定期運行便と、クルーズという選択との違いは「目的地に行く」プラス「道中を楽しむ」なのだと実感します。

今回の偶然の目玉は、なんといっても西之島の噴火を見たこと。

小笠原から出航する時、全員が父島からにっぽん丸に戻ったため、1時間ほど早く出航することになったと放送が入りました。さらに「時間が出来た分、寄り道をしようと思います。北への復路を変更し、今から西へ!西之島へ向かいます」とのこと!

なに?なに?と毎度ながら船長の臨機応変なサービスにちょっと興奮!

5時半ころ出航したと思いますが、9時頃に西之島へ近づけるはずとのことでした。



実は、真っ暗闇で近づいて何がどのくらい見えるのかな?と半信半疑だったんですけどね(船長、すみません)、これがもう最高の経験をいただきました。

赤々と花火のように吹き出すマグマ!不定期なタイミングと形で、海と船にいても身体に感じる地響きと、聞いたことのない爆音をつき。30分以上そばを走っていたでしょうか。流れたマグマが赤く広がる様子も見えてきて、島が出来ていく過程を見る感動をいただきました。

火の粉は3キロは余裕で飛ぶらしいので風上を行き、距離もとっていたのですが、よく見えました。写真はスマホの限界で全くダメですけど赤いところが噴火です。


さらに。この日は満点の星空で、星が降るとはこのことか!という夜。月も出ていなくて星だけが見えた夜でした。船では分刻みに様々なイベントが計画されていますが、雲が多くて中止になっていた「星空教室」をこの後○時から行いますという船内アナウンスも入り、決行。

噴火も、月のないこれほどの星空も、百戦錬磨の航海士さんたちですら珍しい経験になったというその日。自然の、地球の、宇宙の魅力を大いに感じさせてもらえる、まさに偶然の一夜でした。

こういう、時間の余裕が、クルーズなんだな〜とまたしみじみと思ったのでした。


いつもありがとうございます。
↓人気ブログランキング参加中です↓

↑の画像をぽちっとクリックよろしくお願いいたします♪

  • 2017.06.24 Saturday 21:39
  • 出航時の楽しみ
  • by TSUGUMI

  • ご訪問ありがとうございます。
    人気ブログランキングに参加しています。一日一回応援クリックして頂けたらとっても嬉しいです。

    クリックはこちら→つぐみを応援♪

    ↓もしくはこちら↓

今回のクルーズも、お客様より先に乗船しました。まずスタッフオフィスにて諸注意や説明を受けます、緊張感のある瞬間です。気を引き締めます!!
そして部屋に荷物を置いたらすぐにその日の夜のメインショーのための打ち合わせ入りました。そのままリハーサルはランスルー、照明や音響含めた様々な最終確認を済ませて…という動きでした。

出航時にはリハーサルも終わっていて、珍しく出航時の様子に少し触れることができました。

ここまで付き添ってくれたコーディネーターさんもお見送りしてくれていましたし、鼓笛隊の方も!

写真は控えましたが、港には小さな保育園の子供たちもお見送りに来てくれていたんです。事情が分かったのは翌日ですが、大洗のある保育園の子供たちで、「無事カエル御守り」を差し入れてくれたのでした。翌日のお部屋の掃除後にベッド上に置かれるとのことで、数が余ったのか?わたしにも〜!!わーい!!ありがとう!無事にカエッて来られましたよ〜

こんな風に出航時には寄港地も含め各地でお見送りの光景が旅の雰囲気を盛り上げてくれます。
お客様はデッキでカクテルを飲んだり、にっぽん丸のバンドが演奏したり、テープが投げられたり、とっても賑やかなんですよ。

小笠原からだと名物の漁船のお見送りが素敵!父島から船に戻るときに送ってくれる何艘もの漁船のみなさまが出航して少しの間、並んで走ってくれるんです(写真がなくてすみません)
それと、運が良ければイルカの併走があるんです。昨年に引き続きまたまた見ることができました。船長さんが「左舷にイルカがきています!」とか船内放送してくれるんで、慌てて部屋を出るんです(笑)撮れた写真は…しぶきのところにいるんですけどね…タイミング悪くてすみません。


新幹線も、飛行機も、普通列車ですら、こんな優雅な旅立ちはありません。ゆっくりの船だからこそ、私はこの時間を緩やかに楽しむことに心の贅沢を感じます。


いつもありがとうございます。
↓人気ブログランキング参加中です↓

↑の画像をぽちっとクリックよろしくお願いいたします♪

  • 2017.06.23 Friday 20:21
  • ただいま
  • by TSUGUMI

  • ご訪問ありがとうございます。
    人気ブログランキングに参加しています。一日一回応援クリックして頂けたらとっても嬉しいです。

    クリックはこちら→つぐみを応援♪

    ↓もしくはこちら↓
にっぽん丸の小笠原クルーズから帰ってきました!

男性陣はお客様が居ない船で宮古に移動、宮古〜函館へのクルーズもう一本なので、女性陣だけが降りました。船の下まで来てくれてお見送りしてもらいましたが、なんとも寂しい気分でした。
船というのは、お客様も含めてなんですが、クルーの皆様とも、エンターテイナー同士も、同じ空間で数日過ごすからか、距離が家族的にぐっと近づく場合が多いんですよね、だから、一瞬だけ半泣きになりそうで。
でも、次のクルーズや、空っぽの船を初体験する男性陣はさらにテンションが上がっていて、明るくバイバーイっ!って感じでした。ま、わたしも、稽古に行かねばならなかったので、半泣きしかけはほんとに一瞬でしたが。
我らのコーディネーターさんも今日から乗船。女性陣の下船時に合わせて来てくださったので、元気な顔を見せて無事に終わったことを報告できました。
今回も仕事として大変貴重な経験ができ、船旅の魅力も何倍増しになる体験もあり、どんな風にブログを書こうかと思案中です。そうそう、日にちが短いこともあって、初めて船でWiFiに繋がないで過ごしてみたので、ゆっくり更新しようと思います。

その前に、また明日からも稽古続きなので、まず、ゆっくり寝ようと思います。
360度海!のお気に入りのうたた寝場所の気分で…おやすみなさい。







いつもありがとうございます。
↓人気ブログランキング参加中です↓

↑の画像をぽちっとクリックよろしくお願いいたします♪


  • 2017.06.19 Monday 13:47
  • 行ってきます
  • by TSUGUMI

  • ご訪問ありがとうございます。
    人気ブログランキングに参加しています。一日一回応援クリックして頂けたらとっても嬉しいです。

    クリックはこちら→つぐみを応援♪

    ↓もしくはこちら↓

にっぽん丸、小笠原クルーズへ行ってきます!



出港時、お天気悪そうですが、お客様が楽しめるよう晴れ晴れコンサートにしてきたいと思います。


いつもありがとうございます。
↓人気ブログランキング参加中です↓

↑の画像をぽちっとクリックよろしくお願いいたします♪

  • 2017.06.18 Sunday 13:54
  • トラットリア タカハシ
  • by TSUGUMI

  • ご訪問ありがとうございます。
    人気ブログランキングに参加しています。一日一回応援クリックして頂けたらとっても嬉しいです。

    クリックはこちら→つぐみを応援♪

    ↓もしくはこちら↓
久しぶりに、めちゃ旨イタリアンを、満腹になるまで食べました!コスパ高いです!!

Trattria Takahashi
https://www.google.co.jp/amp/s/s.tabelog.com/tokyo/A1312/A131203/13201720/top_amp/
↑WEBサイトが見つけられなかったので、食べログを貼っておきます。

昨日の会は、参加者お一人の知人のお店ということで、かなり好待遇だったことは間違いありませんが、大人数の飲み会など、「このお値段で」と提示して相談するのがとっても良さそうです。

場所はお店から振り向くとこんな感じの立地。スカイツリーが近いっ!!





次から次へとどれもこれも美味しくて、幸せでした。
いちいち写真を撮りませんでしたが、スタートの前菜


最後の肉!


なんといっても、飲み放題のワインの品揃えのすごいこと。11人だったので結構な本数を飲んだと思います。リクエストで白も赤も泡を置いてて下さり、飲み放題のため制限はあるとはいえテンションの上がるラインナップ。

赤も白も軽めから始めて〜みたいなチョイスを私が独断でやってしまいました。
私は赤も好きだけど美味しい白に出会うのを楽しみにしているタイプなので、お店の方からのオススメが白だったのが嬉しかった。
珍しいサンジョベーゼの白は是非!と言ってくださって、喜んで飲みました。

Le-Rocche-Malatestiane-Antica-Marineria-Rubicone-Bianco

トロリとした感じでいろも琥珀がかって美味しかったです。

お店の経営が心配になる程、たくさんお料理が出てきて、好きなだけ飲ませていただきました。すみません。そして、有難うございました。

また行きますね!

みなさまも、スカイツリー見物のあとイタリアンなら、トラットリアタカハシへ〜


↓人気ブログランキング参加中です↓

↑ぽちっと応援よろしくお願いいたします♪

  • 2017.06.18 Sunday 11:20
  • オペラ「夕鶴」
  • by TSUGUMI

  • ご訪問ありがとうございます。
    人気ブログランキングに参加しています。一日一回応援クリックして頂けたらとっても嬉しいです。

    クリックはこちら→つぐみを応援♪

    ↓もしくはこちら↓
鶴の恩返しがオペラになって「夕鶴」。いまだこの人気を超える日本オペラ作品はありません。


500ちょいのキャパの曳舟文化センターは満席。オケピットが無いのにオケなので、真ん中の前の方に座る方達は、オケの音をガンガンに聴きながら、見え方もオケマンの間から舞台を観る形だったように見うけられる、満杯、ぎゅーぎゅー状態でした。

オペラ上演になかなか無い区長の挨拶や、協賛の信用金庫さんからの挨拶やも含め、地元密着型な雰囲気を醸し出していました。曳舟という場所柄のわたしの勝手なイメージもあいまって、アットホームな空気を感じました。

青柳が「与ひょう」。意外に思われる方も多く、「え〜?与ひょう?」と何人にもに言われますが、私としては、かなり合っている役柄だと思っています。私が思っている与ひょうのキャラクターに近かったからかな。
声をガンガンと張って出すのみの与ひょうって、意地悪で計算高く見え、鶴と気付かず楽しく暮らしていることや、それまでは機織りを絶対に見ないで来たことに、違和感を感じるんです。いくら素朴な芝居をしても違和感があるというか。つうの透明感と共に汚れのない空気を作って欲しいと願っている私。あれ?結構夕鶴フェチ?(笑)

マケドニア公演のリハーサルしか見た事がなかったから、今回は本番を観られてよかったです。音域が低くて大変そうで気の毒ではありますが…また観られるといいなぁ。

とてもありがたかった事はもう一つ。砂川稔先生に初めてお目にかかり、ご挨拶ができました。とっても親しく話してくださり、青柳に私のことを大事にするようにと何度も言ってくださって(笑)
その後、恒例のアオヤギ会は、イタリアン!一緒に行ったメンバーのお一人の知り合いがされているお店とのことで、予約してもらっていました。その事はまた次の記事にて〜。


↓人気ブログランキング参加中です↓

↑ぽちっと応援よろしくお願いいたします♪

  • 2017.06.17 Saturday 14:13
  • 一勝三敗
  • by TSUGUMI

  • ご訪問ありがとうございます。
    人気ブログランキングに参加しています。一日一回応援クリックして頂けたらとっても嬉しいです。

    クリックはこちら→つぐみを応援♪

    ↓もしくはこちら↓
今シーズンの野球観戦は一勝三敗でした。ざんねん。

先日、交流戦で東京ドームに行きましたが、一本もヒットの出ない、ある意味でこのチームではそうそう見られない試合を見てしまいました。
7回終わったら帰りました…


結局今年は、メットライフで二回負け、ゾゾマリンで勝ち、東京ドームで負ける、一勝三敗。東京ドームは風船も禁止のようで、余ってしまいました。

そうそう、 この日は、王貞治新記録樹立40周年で、ご本人の登場!

6回だったか?忘れましたが、試合を中断して、マスコミの方々がグラウンドに並び、アナウンスに促されてのご登場!

ソフトバンク側の人だけど?と少し違和感がありましたが、そうだ、巨人の選手だったんだ!と納得。


あとは、家から優勝を祈ります。


↓人気ブログランキング参加中です↓

↑ぽちっと応援よろしくお願いいたします♪

  • 2017.06.16 Friday 21:42
  • ダブルヘッダーの奇跡
  • by TSUGUMI

  • ご訪問ありがとうございます。
    人気ブログランキングに参加しています。一日一回応援クリックして頂けたらとっても嬉しいです。

    クリックはこちら→つぐみを応援♪

    ↓もしくはこちら↓
今日は「イル トロヴァトーレ」と「にっぽん丸小笠原クルーズ」のダブルヘッダー稽古。

一つ目が終わるとまた別のところに向かうのが普通のところ、今日は同じ場所!部屋こそ違えど同じ建物です。こんな偶然は初めてのこと、奇跡だと思います。朝起きてそれぞれの稽古場所を確認して見比べ、三度見比べくらいしました。

おかげで、早く終わったトロヴァトーレの稽古場をそのまま一人で使わせてもらってあれこれ練習。ご飯を食べて頭を切り替える時間もあり。移動する疲労もなし。奇跡に感謝。

11時からトロヴァトーレ


わたしはお昼を食べないから、お昼に出かける皆さんが居なくなった間も練習できて


また14時からトロヴァトーレ




そして、18時から、にっぽん丸クルーズの合わせ。今日は発注してくださった会社の社長と新入社員も登場、最後のリハーサルチェックです。
このメンバーで明後日からは海の上!頑張ります。



いや〜、今日はたくさん歌った!音楽しかなかった一日、充実です。


いつもありがとうございます。
↓人気ブログランキング参加中です↓

↑の画像をぽちっとクリックよろしくお願いいたします♪

  • 2017.06.15 Thursday 09:00
  • 鍵井保秀展へ
  • by TSUGUMI

  • ご訪問ありがとうございます。
    人気ブログランキングに参加しています。一日一回応援クリックして頂けたらとっても嬉しいです。

    クリックはこちら→つぐみを応援♪

    ↓もしくはこちら↓
移動の途中、お茶して時間を潰さねばならなかったので、銀座の「ギャラリー58」で開催されている鍵井保秀さんの個展【Time for Romance 4】へ立ち寄ってきました。


インクジェットフィルムを使ったもので、何枚か重ねてあり、見る角度で表情の変わる面白い作品でした。

↑の1枚目の写真でも画像が飛び出すかのように見えるんですが、実際に見ても興味深い作品でした。


鍵井さんは、オペラなどの舞台美術も手がける方なのだそうで、「時間があったらギャラリーに寄ってみてね」と勧めてくれたのは演出助手さんと昨日話題にした指揮者さん(^_^)

今度の「イル トロヴァトーレ」のチラシは鍵井さんの作品だそうです。(ちなみに今回の舞台美術は鍵井さんではありません)

そんなわけで、作品を観ながら、ご本人とお話ししたら、見たことあると思っていた、と。名乗ったら「あぁ!そうだ!!」となりました。チラシ作成にプロフィール写真が送られていますからね。「写真と違ってすみません」と一応謝りました(笑)


6/17まで開催のようです。お時間ありましたらギャラリー58までぜひぜひ。



いつもありがとうございます。
↓人気ブログランキング参加中です↓

↑の画像をぽちっとクリックよろしくお願いいたします♪

  • 2017.06.13 Tuesday 22:05
  • 指揮者 山島達夫
  • by TSUGUMI

  • ご訪問ありがとうございます。
    人気ブログランキングに参加しています。一日一回応援クリックして頂けたらとっても嬉しいです。

    クリックはこちら→つぐみを応援♪

    ↓もしくはこちら↓
トロヴァトーレの指揮者について書こうと思います。

仕事をもちながら、あるいはアルバイトで生活を安定させながら演奏家として存在することは日本では普通にあることですが(普通でなくなるように日本に音楽が溢れて欲しいけれど)、その場合、収入の高低ではなく(ここポイントです)、気持ちや頭の中で演奏家であることがメインとして生きています。
しかし、その、演奏以外の仕事が弁護士ときくと、一瞬、思考が止まります。で、どうやって指揮を身につけていくのだろうって疑問が湧いてきます。

演奏家は、本当のところは、下積みも含め経験(その環境についてはここでは触れないことにして)が全てだと私は思っているので、今回のトロヴァトーレはアーリドラーテ歌劇団としては5回目ですから、つまりそれまでの四回をどのように、また他にはどんな経験を?と質問はとめどなく溢れてきます。

山島氏に接してみると、非常にさばけた部分があり、スムーズかつスピーディーに会話を進められる方でした。肝心の指揮も、私には大変歌いやすく、稽古での音楽作りの過程も腑に落ちる事ばかりで。

そんなわけで、ご飯や飲み会のたびにちょこまかと質問をぶつけて色々判明。

音楽の経験としては、幼いころからヴァイオリンを習い、中高一貫の男子校では、すでに!合唱祭の名物指揮者だったとか。 大学入学後に、東大歌劇団でオペラに出会い、そこから…

ヴェルディのみ愛する人へ。
アーリドラーテ歌劇団はヴェルディ作品しか上演しません、徹底しています。ちなみに今後の可能性もお尋ねしてみましたけど、他の作曲家作品には面白いほど目が向いていませんでした。

少し長くなりますが、どうぞ、お付き合いくださいね。

先日、FBでチューリヒ歌劇場に行っている投稿を見たんです。イタリアオペラの大巨匠、ネッロ・サンティ氏と密接な模様。
うかがったら、サンティ先生に憧れて、オペラでの指揮姿を「観察」するだけのために、年に何度もイタリアやスイスに弾丸出張してきたのだとか。

でも、だからって、指揮は上手くならないものです。で?で?とたずねると、劇場に入れてもらってサンティさんのリハーサルを見てずっと勉強しているというんです。

いや、チューリヒ歌劇場、そんな簡単に入れてくれないしと、コレッリ夫妻と共に楽屋口から入り、二週間劇場内をウロウロしていた名もなきアジア人の私はその厳しさを知っているつもり。

そしたら、楽屋口での出待ちからスタートし、回を重ねるうちに熱意が伝わりサンティさんから許可が降り。最近は楽屋の中に招き入れてもらうそうです。チューリヒだけでなく、イタリアの歌劇場のリハーサルも見学させてもらったりしているみたいです。なかなかの根性と実行力、粘り強さ!!

ご本人から写真をいただきました!わたしも、サンティさんと奥様にはチューリヒ歌劇場でお目にかかりましたが、息子さんは覚えていません。

そんな風に現場を学んでいるそうです。

かといって、歌いやすい棒になるとは限らないわけですが(私もしつこい)、勉強を続ける中で大きな変化があったか聞いて見たら、前回の「ドン・カルロ」公演での出会いが縁で、合唱団ヒルズ・ロード・コーラスに入団し、合唱指揮の大貫先生の指導のもと、プロの合唱団員にも囲まれて毎週歌い、そこで、歌う人の呼吸を体感しているという話でした。なるほど。

努力と熱意と夢と目標と…!
トロヴァトーレ、わたしも頑張ります。

まだまだ聞きたいことはあるんですが、とりあえずこんなところで、しめたいと思います。
(全てご本人からの正しい情報、許可も得ています)


いつもありがとうございます。
↓人気ブログランキング参加中です↓

↑の画像をぽちっとクリックよろしくお願いいたします♪

<<new | 1 / 378pages | old>>
 
CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
COMMENT
フェイスブック
江口二美にメールする
  こちらからどうぞ
人気ブログランキング
オフィシャルサイトはこちら
PROFILE
Img0206.jpg
                   
RECOMMEND
↓アマゾンにつながり購入できます↓
ブルーアイランド氏の 青い鳥はどこにいる!?(OZD1058) [DVD]
ブルーアイランド氏の 青い鳥はどこにいる!?(OZD1058) [DVD] (JUGEMレビュー »)

江口二美のチルチル少年をどうぞ。
またDVD全体の進行役もお手伝い中。
RECOMMEND
↓アマゾンにつながり購入できます↓
ブルーアイランド氏の 蝶々さん海をわたる (OZD1055) [DVD]
ブルーアイランド氏の 蝶々さん海をわたる (OZD1055) [DVD] (JUGEMレビュー »)

江口二美は蝶々さんとして登場します。
ピンカートンを追いかけて旅をしますよ。
RECOMMEND
↓アマゾンにつながり購入できます↓
ブルー・アイランド氏の丸わかりモーツァルト[DVD]
ブルー・アイランド氏の丸わかりモーツァルト[DVD] (JUGEMレビュー »)

天才モーツァルトの人となりを、分りやすく面白く、青島広志氏のお話と解説、舞台での演奏を交えてお楽しみいただけます。
「江口二美」も出演しています。
全国にて発売中!
RECOMMEND
↓アマゾンにつながり購入できます↓
ブルー・アイランド氏の名曲世界旅行 ペール・ギュントの大冒険
ブルー・アイランド氏の名曲世界旅行 ペール・ギュントの大冒険 (JUGEMレビュー »)

ペール・ギュントのお話しをもとに、楽しい大冒険物語ができました。

「江口二美」はペールの旅する各地で悪女で登場いたします。
ARCHIVES
         
MOBILE
qrcode
SEARCH
SPONSORED LINKS
みんなのブログポータル JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.